校長あいさつ

   「そろえる・つなぐ学校経営
     〜「夢・笑顔あふれる普二っ子〜
       〜一人はみんなのために、みんなは一人のために〜」〜
          〜(One for  all  All  for  one)〜

 
   普天間第二小学校保護者の皆さま・地域の皆さま、今年度、本校勤務三年目になります。校長の喜屋武悦子と申します。気持ちも新たに、一人一人の子どもたちの幸せを願い、職員一同心を一つにがんばっていきます。
 さて、本校の学校教育は、宜野湾市学校教育の理念「個々の良さを伸ばし自立して社会で生きる基礎を培う」主要施策『5間1観差の解消ー間をそろえる・つなぐ教育の推進』1,確かな学力の向上 2,豊かな心とたくましい体の育成 3,信頼される学校づくり4,郷土文化の継承の推進を受けて
 
   本校の学校教育理念
 「安全で安心、教職員・児童とともに明るい笑顔と対話があり、常に学びのある、地域に信頼される学校づくり」
 
   学校教育目標
 ○進んで学習し、よく考える子(知育) 
 ○明るく心豊かな子         (徳育)
 ○じょうぶで気力のある子    (体育)
 
   の達成に向けて、全教育活動を行っています。
 また、本年度は、「夢・笑顔あふれる普二っ子〜一人はみんなのために、みんなは一人のために〜」を合い言葉に、『そろえる・つなぐ学校経営』を推進していきます。
 そのためには、RーPDCAマネジメントによる学校経営と学年・学級経営の充実を図っていきます。特に、授業改善の視点で「分かる授業」に取組、日々の授業の充実を推進します。また、保護者・関連機関・地域の自治会・民生員との密な連携で不登校を減らすことを重点的に取り組んでいきます。
 さらに、幼小中連携の取組の共通実践4項目・・・行動連携(あいさつの徹底・整理整頓の徹底・聞く態度の育成・丁寧なことば遣いの徹底)も同時に推進していきます。
 昨年度から全校体制で取り組んでいる「あいさつ一番」を今年度も重点的に推進し、宜野湾市・中頭地区・沖縄県で「あいさつ一番」の学校にしていくことを目標にしております。6学年の児童を中心に日常的に・継続的に取り組んでいますので、ご家庭の方でも親子の会話と同時にあいさつの奨励もよろしくお願いします。登校時・下校時等において子どもたちを見守ってくださっている地域の皆さまにも進んであいさつができるようにしていきますので今後もあたたかな声かけをよろしくお願いします。
 「学校は学ぶところ。どの子も何か一つ学び家に帰る。継続的に・日常的に・そして計画的に・・・」
職員一丸となって普二っ子の幸せを願いがんばりますので、今後ともご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
                                                                                               宜野湾市立普天間第二小学校
                                                                                                             校 長 喜屋武 悦子
 

サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図